じゃじゃ麺

じゃじゃ麺とは?

「盛岡冷麺」「わんこそば」とともに「盛岡三大麺」に数えられる麺料理。「じゃじゃ麺同好会」なる組織もつくる熱烈な市民もいて、「盛岡っ子のソウルフード」という別名も。

中国からの引き揚げ者が、現地の家庭料理を盛岡で手に入る材料で再現したのが始まりといわれています。

見た目は、きしめんのような平打ち麺の上に、肉味噌ときゅうり、長ネギがのった、中華料理の「ジャージャー麺」に似たスタイル。でも、食べ方も味もまったく違います。

まずは食べる時に、お好みで卓上のラー油やニンニクなどを加え、思いっきり、かき混ぜます。

加える調味料の種類も量も自由なので、自分好みの味を見つける楽しみがあるという点がじゃじゃ麺ならではの魅力です。

かき混ぜた状態は決して美しいとはいえませんが、みそ味に、甘み・酸味・辛味が入り交じった味わいはなんとも複雑で奥深いものです。しかも、モチモチした麺に挽き肉やきゅうり、長ネギがからんだ食感も独特で、一度食べると忘れられず、やみつきになるほどです。

そしてじゃじゃ麺のもう一つの魅力が、「チータンタン」と呼ばれる食後の卵スープ。

食後の皿に自分で卵を割り入れ、店の人に麺のゆで汁とじゃじゃ味噌を加えていただきます。この時に、コショウやラー油など卓上の調味料を好みで加えるのも、じゃじゃ麺ファンにとっては定番。もちろん、何も加えずそのまま飲んでも頂いてもかまいません。

こうして食べ終わった時には、あなたもすっかり盛岡っ子、あるいは盛岡通の仲間入りです。

オンラインショップを利用すれば、ぴょんぴょん舎の商品をご家庭でお気軽に食べれます!
また、ご贈答用にセット商品も多数ご用意しております。

オンラインショップはこちら