焼肉・冷麺 ぴょんぴょん舎

CONTENTS
ニュースリリース
会社概要
盛岡冷麺とは?
店鋪紹介
ぴょんぴょん舎のスタンダード
ショッピング
あなたの街へぴょんぴょん舎が行きます
プライバシーポリシー
イーハトーヴの味伝説を一緒に創りませんか?
「パート・アルバイト募集」
無国籍料理 IZAKAYA JARAN JARAN
盛岡じゃじゃ麺 HOTJaJa
飲食店経営のみなさまへ
ぴょんぴょん舎の業務用食材をご紹介いたします。





盛岡冷麺とは?
イーハトーヴの味伝説 〜盛岡冷麺物語〜
朝鮮半島で生まれた食文化 …盛岡冷麺のルーツ…
盛岡冷麺冷麺のルーツは、朝鮮半島の北西・平壌です。
平壌冷麺は、お米のとれにくい寒い地域に伝わる冬の料理で、ソバ粉・でんぷん・小麦粉を練り上げて作った麺と、ミルクのようにまろやかな高麗キジのだし汁に、冬沈漬(トンチミ)という大根の水漬けの汁を加えた自然発酵のスープが特徴です。
ソバを栽培し、キジが生息する、漬物のおいしい寒い地域…となると、そう、盛岡も共通しているのです。
平壌をふるさとにもつ料理人が、ふるさとに思いを馳せて、盛岡で冷麺を作ってみたのが盛岡冷麺の始まりです。
海を渡った冷麺 〜そして盛岡へ〜

昭和29年、朝鮮半島に古くから伝わる代表的な麺が、海を渡りはるか盛岡の地に登場しました。
盛岡の麺職人・青木輝人氏が同年食道園を開店し、そこで冷麺を作り始めたのです。
当時、日本国内ではすでに朝鮮半島で食べられていたあっさり味の平壌冷麺が知られていましたが、青木氏が同じ朝鮮半島咸興(ハムン)地方の甘辛いソースに麺を混ぜ合わせていただく咸興冷麺と平壌冷麺を創作したのが、現在の盛岡冷麺の基礎となっています。

北緯40度の風が運んだ冷麺は、それ以来日本人好みのコクのある味に変化しながら、宮沢賢治の謳うイーハトーヴの自然風土と調和し、他の地域とは味・スタイルを別にした盛岡独自の特徴ある麺として定着、人々に愛されるようになりました。その後、昭和40年代以降より盛岡近辺には次々と工夫を凝らした冷麺を出すお店が開店するようになりました。

「盛岡冷麺」と命名

昭和60年代のブームはグルメ。そこで昭和61年10月17日より盛岡で開催された「ニッポンめんサミット」に盛岡の冷麺が出品され、そこで「盛岡冷麺」と名付けられました。これがきっかけで、「盛岡冷麺」は一躍全国へ知られるようになり、麺業界の中で確固たる地位を確立するに至ったのです。
頑固なまでに「手づくり」にこだわった製法が国内の人に受け入れられ、盛岡冷麺ファンは年々増加を続けました。それには、おみやげ用として開発されたテイクアウト冷麺の普及が大きく影響したとも言えましょう。
サミットでの命名を記念して、10月17日は「盛岡冷麺の日」となりました。

ぴょんぴょん舎の歩み

ぴょんぴょん舎はそのオープン2年前にぴょんぴょん亭として、盛岡市が企画する「日本麺サミット」にも出店し高い評価を得ることができました。この麺サミットにおいて「盛岡冷麺」と名付けられ一躍有名になり、2年後の、昭和62年11月、いよいよ歴史は「レストランぴょんぴょん舎」の誕生を迎えます。 オープン時からおみやげ用のテイクアウト冷麺の開発研究を行ない、平成元年に発売することができました。手づくり」にこだわった製法は、レストランで食べてもテイクアウト製品を購入しても、まったく変わらぬ味をお客様に提供し、今やそのひたむきな職人の努力が、ぴょんぴょん舎の人気を支えているのです。

盛岡冷麺の魅力
盛岡冷麺の魅力は、「麺」「スープ」「キムチ」のバランスにあります。

【1】 麺のコシ
盛岡冷麺の最大の特徴、それはコシの強いシコシコとした麺です。平壌冷麺はそば粉とでんぷんで作られていますが、盛岡冷麺はそば粉の代わりにキメの細かい高級馬鈴薯澱粉粉と小麦粉を使用していますので、表面がツルツルでコシの強い麺に仕上がります。歯ごたえとのど越しがいいのは、この小麦粉とでんぷんの微妙なマッチングのなせる技です。

【2】 スープのコク
国産の牛肉・牛骨をベースに鶏ガラを加えて5時間じっくり煮込みます。天然塩などを用いてストレートなコクとさっぱりした口当たりに仕上げています。水は味へのこだわりのためエネルギーの高い波動水(創生水)を使用しています。

【3】 キムチの辛味
冷麺専用に漬け込んだ爽やかな酸味とホットな辛味のキャベツと大根のキムチ。唐辛子はビタミンCが豊富で旨み成分も多く、辛味成分のカプサイシンはキムチの材料である野菜と魚介肉類をうまく融合させ、酸化を防止するとともに乳酸醗酵を促進させます。

いまや盛岡を代表する味のひとつになった「盛岡冷麺」。そして素材の持つ旨みを最大限に生かしたぴょんぴょん舎の冷麺。まさにこれはブランドそのものです。みなさまも是非お召し上がりください。

大陸の風を………時空を超えた食のロマン
炎と肉、悠久の時を駆け、
手にした遊牧民の英知。
遠く海を渡り韓国から中国へ、
そして光輝くモンゴルの大草原に至る道。
馬を駆け馬上より矢を射る狩人、
過去から現在、未来へと時空を越えた食のロマンに
ぴょんぴょん舎は夢を託します。 大陸の風を………時空を超えた食のロマン
炎と肉、悠久の時を駆け、
手にした遊牧民の英知。
遠く海を渡り韓国から中国へ、
そして光輝くモンゴルの大草原に至る道。
馬を駆け馬上より矢を射る狩人、
過去から現在、未来へと時空を越えた食のロマンに
ぴょんぴょん舎は夢を託します。

Copyright(C)Nakahara Shouten Co.L td.,2006 All Rights Reserved.